ボイルホタテ

ボイルホタテといえば、ホタテの旨味・栄養を、“丸ごとサクッと味わえる”人気商品。

お鍋や炊き込みご飯、バター醤油といったレシピにはもってこいですよね。

中でもオススメなのが、

解凍さえすれば、おつまみなんかでそのまま食べれる

今回は、そんな便利な蒸しホタテを、お得に買える通販店をピックアップしてみました♪

失敗しない“ボイルホタテ”の選び方!通販で購入する際に気をつけたいポイント

ボイルホタテはどんな方におすすめ?蒸しホタテの特徴(風味・食べ方・保存方法)

ボイルホタテの特徴

ボイルホタテは、

獲りたてのホタテから殻とウロ(食べられない部位)を除去し、スチームで蒸したホタテ

ホタテを丸ごと蒸してあるので、

貝柱の他、貝ひも・卵なども付いている状態です。

食べ方としては、

おつまみ、寄せ鍋・パスタ・バター焼きなど、いろんな調理法で召し上がれます。

貝ひもや卵などもついていることで、

煮る系のレシピでいただくと、より一層“甘み・旨味”を感じられます。

ただ一方で、

こうした貝ひもや卵は、それほど強くはありませんが“磯の風味”が特徴。

そのため、

そうした風味が苦手な方心配な方は、シンプルな貝柱のみの商品のほうがオススメ。

どちらかというと、

ボイルホタテは、ホタテの旨味を楽しみたい方向きの商品です。

保存に関しては、

商品にもよりますが、家庭用冷蔵庫での冷凍庫であれば、2ヵ月ぐらいが目安とされています。

1個ずつバラ冷凍されているため、食べたい分だけを取り出せて非常に便利です。

生食用じゃないボイルホタテもある!商品情報をしっかりチェックしよう

生食用と加熱用

販売されているボイルホタテの多くは、

解凍後そのまま食べれる“生食用”ですが、“加熱用”も販売されています。

加熱用が悪いというわけではありませんが、

“価格的にほぼ同じで、すぐ食べれたり非加熱向きの料理に使える”

といったメリットを考慮すると、生食OKのボイルホタテを買ったほうが何かと便利。

購入する際、ちょっとだけ気をつけたいのが、

商品ページだけ見ても、生食OKなのか加熱用なのか分かりにくいボイルホタテがあること。

そうした場合には、

慌てて買わずに、ページの最後のほうにある商品詳細情報みたいな項目欄をチェックしましょう。

どんな商品でもほぼ98%、『生食用か加熱用』に関して記載されています。

そこにもどっちか記載されていない“残り2%のボイルホタテ”もあります。

生食にこだわらなければ問題ないですが、

そうでないなら、念のためお買い物は止めたほうが無難です。

ココが大事!ボイルホタテのサイズの見方・購入金額の目安

ボイルホタテのサイズ・平均相場

販売されてるボイルホタテのサイズは、1kg(NET800g)を基準として、主に2つ

※NETとは解凍後の実際の重さ。蒸し帆立のほとんどは1kg(NET800g)単位で販売されています。

2Lサイズ(特大) 20個前後/1kg(NET800g)
Lサイズ(大) 25個前後/1kg(NET800g)

サイズを表記していない販売店もありますが、

その際は、1kg(NET800g)あたりの個数でサイズ感をつかみましょう。

2LでもLでも、それほど大きな違いはありませんが、

Lサイズのほうが、個数・大きさの面で、調理の際使う量を調整しやすいメリットがあります。

内容量は、1kg(NET800g)で、鍋たっぷりに使って5~6人前ぐらいの量。

価格はサイズに関わらず、

1kg(NET800g):3.000円前後(送料込み)

を目安にして、この価格帯以下で購入できればかなりお得です

産地は選べない?

ボイルホタテのほとんどは、青森県産か北海道噴火湾産の養殖ホタテを使用しています。
この地域では、垂下方式(ホタテを海面に吊るして成長させる方法)で養殖しており、“砂噛み”の心配がありません。
業者側としては、砂抜き等の手間が省け生産コストも抑えられることから、オホーツク海産のいわゆる“天然”ホタテより、養殖ホタテでボイルを生産するのが主流。
天然ホタテのボイルもあることはありますが、ほぼ市場の99%以上を養殖ホタテのボイルが占めています。
※詳しい天然ホタテの定義に関しては活ホタテ内で説明しています。
産地にこだわるなら別ですが、
特別、養殖ホタテだからといって、質が悪いわけではありませんし、われわれ購入者側にとっては、生産コストがかからない分価格もお手頃というメリットを受けることができます。

<まとめ> ボイルホタテを選ぶ際のポイント

  • ボイル帆立はホタテ全体の旨味を楽しむ商品!磯の風味が苦手な方には不向き
  • 生食用か加熱用か分かりにくい商品もある!商品ページでしっかりチェックしよう
  • 損をしないためのお買い物目安は、送料込みで1kg:3.000円以内

種類別ホタテ通販ランキング:生食用ボイルホタテを購入できる人気販売店

おさかな問屋 魚奏

おさかな問屋 魚奏

※画像はおさかな問屋魚奏楽天市場店>>>

人気の秘密は,

ボイルホタテは、どれも特大の2Lサイズのみを販売しており、1kg・2kg・3kg単位で購入可能。
ボイルホタテに関しては、ほぼ送料無料。1kg:約3.000円とコスパはかなり良く、まとめ買いでさらにお得になる優良店です。
サイズが小さいベビー帆立の実食レビューはコチラ>>>

コスパ 4.0
ホタテ商品の品揃え 4.0
送料無料条件 蔵便・冷凍便に関わらず 税込10.800円以上 (沖縄・離島を除く)
ギフト対応 各種のし無料対応

Yahoo!ショッピング

楽天市場

港ダイニング しおそう

港ダイニング しおそう

※画像は港ダイニングしおそう楽天市場店>>>

人気の秘密は,

販売しているのは北海道噴火湾産1kgのみですが、特大サイズに比べ、ほどよい大きさのホタテが多めに入っているため、料理の際に使いやすくて便利。
価格は、上記の「おさかな問屋 魚奏」よりほんのちょっと高い3千円台前半。
送料に関しては、現在こちらの商品は無料となっているようです。

コスパ 4.5
ホタテ商品の品揃え 4.0
送料無料条件 冷蔵便・冷凍便に関わらず 税込3.980円以上 (沖縄・離島を除く)
ギフト対応 各種のし無料対応

Yahoo!ショッピング

Amazon

楽天市場

食の達人 森源商店

食の達人森源商店

※画像は森源商店楽天市場店>>>

人気の秘密は,

ボイルホタテに関しては「おさかな問屋 魚奏」と、サイズも価格(送料込み)もほとんど同じ、2Lサイズの1kgボイルを販売。
しかも、キャンペーンやセールなどを頻繁に行っており、よりお得に買える場合も!
ホタテ商品の種類は少ないですが、常に目を光らせておきたい要チェック店です。

コスパ 4.0
ホタテ商品の品揃え 3.5
送料無料条件 ご注文金額に関わらず別途必要
ギフト対応 各種のし無料対応

Yahoo!ショッピング

楽天市場

北海道産ほたて専門店 小林正男商店

北海道産ほたて専門店 小林正男商店

※画像は小林正男商店楽天市場店>>>

人気の秘密は,

内容量は1kgのみでの販売ですが、ご自分の好みに合わせて、3つのサイズ(大・特大・超特大)からお取り寄せすることができます。
価格はどのサイズでも同じ、格安の約2.000円。
ただ、平均1.000前後(エリアによっては1.500円ぐらい)の送料が別途必要。

コスパ 3.5
ホタテ商品の品揃え 4.0
送料無料条件 ご注文金額に関わらず別途必要
ギフト対応 各種のし無料対応

Yahoo!ショッピング

楽天市場

さかな屋えびす

さかな屋えびす

※画像はさかな屋えびす楽天市場店>>>

人気の秘密は,

北海道産の2L(特大)サイズ1kgのみを販売しており、価格は約3.000円と、他と比べるとやや高め。送料も、1.300円~1.500円ぐらい別途必要です。
ただ、ヤフー・楽天とも、スーパーセール等には結構安くなることもあるので、購入するのであれば、そうした期間がオススメ。

コスパ 3.0
ホタテ商品の品揃え 1.0
送料無料条件 ご注文金額に関わらず別途必要
ギフト対応 各種のし無料対応

Yahoo!ショッピング

楽天市場